医院承継(後継者探し~引き継ぎ完了)にかかる時間とは?

医院を後継者へ引き継ぐにあたっては、多くの労力と時間を要します。閉院する直線になって、あわてて取り組みを始めてもなかなか上手くいかないというのが実情です。医院を承継するにはどのような工程があり、その工程を円滑に進めるためには、どの程度前もって検討を始めるとよいのかについて認識しておくことが重要です。
※ここでは引き継ぎにあたって、最も時間を要する第三者承継に絞って説明します。

こうした一連の流れの中で、最も時間を要するのは「Cお相手探し」の工程になります。
お相手探しを開始して、早くて3か月程度で数名の医師から引き継ぎたい意向を受ける医院もありますが、1年以上経ってもお相手が見つからない医院もあるのが実情です。弊社内のデータより、成功した医院の場合、アドバイザーがお相手探しを開始して平均3~5か月程度で候補者が出ていることがわかっています。また、同じく成功した医院において、Aアドバイザーの選定からH譲渡の実行まででかかる期間としては、平均して7~10か月程度かかることがわかっており、これだけを見ても多くの時間を要する取り組みであることがわかります。(弊社内データより)

譲り受ける側(これから開業したい医師)にとっては、承継開業という選択肢のみでなく、新規物件で開業するという選択肢もある上に、そもそも昨今の医院の開業件数は年間5,000件程度しかない(全体母数が5,000人程度しか存在しない)という点を加味すると、お相手探しの難しさがより具体的にイメージできるかと思います。
成功率を高めるには、譲り渡す側が希望条件などをある程度柔軟に変更する心構えを持っておくことも重要ですし、また何より時間に余裕をもって「お相手探し」を行うことが大切なポイントです。

記事の一覧へ戻る

承継開業の可能な案件をリクルートドクターズキャリアがご紹介します。

お電話でのご相談はこちら

03-6705-9280

受付時間 平日9:30~20:00

リクルートでは日経メディカル経営サポートと連携し、
医院の事業承継支援サービスを運営しています。