第2回【リースの基礎】リースの種類について

リースには「ファインナス・リース」と「オペレーティング・リース」の2種類があり、医院で利用するリースはファイナンス・リースが主になります。
なお、リースは会計上と税務上で定義が異なって入り組んでいるため、正式な呼称や定義付けによる説明はかえって分かりにくくなってしまいます。ここでは一般的な範囲で説明していきます。

(1)ファイナンス・リース

リース会社が借り手の代わりに新しく物件(機材・物品など)を購入し、借り手に貸してくれる取引です。物件を購入するためにリース会社がお金を用立ててくれる取引、ともいえることから、“ファイナンス”・リースと呼ばれます。
ファイナンス・リースと見做されるにはノンキャンセラブル、フルペイアウトという2つの要件を満たす必要があります。

□ノン・キャンセラブル

リース期間中の解約(キャンセル)ができないこと。または、中途解約に対する厳しい条件(未経過リース料の90%以上を支払う、リース期間が75%を経過するまでは解約不可である等)があり実質的に解約不能であること。

□フルペイアウト

借り手がリース物件の経済的な利益を享受し、物件の使用に伴う負担を実質的に負担すること。つまり、物件を自己所有したときと同じように、物件の生み出した利益を取得し、物件の購入代金・維持コストなど負担するのは借り手であること。

(2)所有権の移転

ファイナンス・リースは、契約期間終了時の物件の取り扱いによってさらに2つの種類に分かれます。

① 所有権移転ファイナンスリース

契約期間が終了した時点で、所有権が借り手に移るリースをいいます。所有権移転にあたっては、無償で譲渡される契約(譲渡条件付リース)や安価での譲渡される契約(割安購入選択権付リ-ス)などがあります。

② 所有権移転外ファイナンスリース

契約期間が終了しても、所有権がそのままリース会社に残るリースをいいます。借り手が引き続きその物件を使用するには、再リース契約を締結し年間リース料を支払う必要があります。年間再リース料は、だいたいそれまでの月間リース料程度となります。

(3)オペレーティング・リース

ファイナンス・リース以外のリースをいいます。
リース会社がもともと所有している物件を貸す取引だけでなく、契約終了後の売却を前提にリース料金を安く設定しているためにフルペイアウトの要件を満たさないようなリース取引もオペレーティング・リースに該当します。
最近では、投資目的でオペレーティング・リースを利用するようなケースも見受けられます(例えば、共同出資で飛行機を購入し航空会社に貸し付けるなど。資産を所有することで税務上のメリットを、リース料金や契約終了後の売却代金でキャピタルゲインを得ることができる)。

リースには、「購入費用をリースで賄うことで、銀行からの融資枠を他に回すことができる」「購入費用を賃借料やリース料として経費で処理できる」といったメリットがある一方で、「中途解約ができない」「借入よりも割高になる」「所有権が移転しない」といったデメリットもあります。
利用にあたっては、他の方法と比較検討してみることが必要です。

記事の一覧へ戻る

承継開業の可能な案件をリクルートドクターズキャリアがご紹介します。

お電話でのご相談はこちら

03-6705-9280

受付時間 平日9:30~20:00

リクルートでは日経メディカル経営サポートと連携し、
医院の事業承継支援サービスを運営しています。